藤城式食事法 薬なしで血圧を下げる方法

藤城式食事法による、薬を使わずに血圧を下げる方法をお伝えします。

 

藤城式食事法で薬を使わずに血圧を下げる方法とは?

 

藤代式食事法は、食事療法を用いて薬、運動なしで血圧を下げるノウハウです。

 

高血圧と聞くと、生活習慣病、メタボリックシンドロームのイメージがあるかもしれません。

 

冬場を迎える時期に血圧は上がってきます。

 

寒くなると血圧が上がるのは体温を維持するうえで必要ですが、だからといって高血圧を放っておいてはいけません。

 

高い血圧は下げる必要があります。なぜなら、高血圧は脳梗塞、心筋梗塞の原因になるからです。

 

特に早朝に脳梗塞、心筋梗塞が多いことから、早朝高血圧を下げることが重要といわれています。

 

体が朝起きようとするので血圧が上がりますが、逆に心臓や脳に負担がかかるからです。

 

つまり、脳梗塞、心筋梗塞を防ぐには、普段の血圧を安定させる必要があるのです。

 

家庭で測る血圧の目標値は、140/90mmHgとされています。

 

血圧は日内変動するので、心配する必要はありません。

 

基本的に血圧の一日の変動として昼間は値が高く、夜は低い値を示すのが健康的な血圧変動ですが、常に140/90mmhgを超えている方は注意が必要です。

 

高血圧が原因で発症する脳梗塞、心筋梗塞は非常に危険だからです。有名人でも多くの人が発症して話題になりましたね。

 

もしかしたら血圧を下げる方法は薬だけと思ってませんか?

 

きっと、藤代式食事法を知ったら、従来の高血圧の常識が覆されます。

 

藤代博先生は断言しています。

 

血圧の事を勉強し正しい食事方法を実践すれば、あなたの血圧は下がります。

 

この藤代式食事法は薬を飲まずに血圧を下げる方法です。藤代式食事法を実践して3日で血圧が下がったという人もいます。

 

藤代式食事法は、無理な食事規制や運動は必要ありません。

 

必要なのは、高血圧の知識と、血圧を下げるための少しのコツを知り、藤代式食事療法を実践すること。そして、是非一度、藤代式食事法を実践してみてください。

 

藤城式食事法

絶対痩せたい人の運動方法 痩せて血圧改善

絶対に痩せたいと、カロリー制限をしている人はたくさんいますが、食事を少なくするだけでは、体重を減らすことはまず無理です。

 

絶対に痩せたいなら、食事を減らすだけでなく、運動の習慣が重要になってきます。

 

絶対に痩せたいならば、何らかの有酸素運動をするといいでしょう。

 

有酸素運動とは、息をしながら続けることができる運動で、ウォーキングや、ジョギングなどです。

 

有酸素運動を20分ほど続けると、体内に蓄積されていた脂肪が燃え始めます。

 

手軽に有酸素運動をしたいなら、朝食前のウォーキングがおすすめです。運動を始めてから20分もたたずとも、有酸素運動で脂肪を燃焼できます。

 

朝の太陽光を全身に受けることで、気持ちがすっきりと目覚めるという利点もあります。

 

けれども、目が覚めてすぐの運動は心臓への負担が大きいので、温かいお湯を一杯飲むなどして、体温を上げてから運動をするとちょうどいいようです。

 

有酸素運動にプラスして、軽い筋肉トレーニングをすると、ダイエット効率がアップします。

 

絶対に痩せたいという人は、運動負荷自体はそれほど重くないものを、繰り返し行うといいでしょう。

 

絶対に痩せたいという人は、まずは筋トレをして、その後有酸素運動をすることて、よりダイエット効果がアップするようです。

タバコによる血圧への影響とは

タバコは日本だけではなく海外でも嗜好品として好まれている商品のひとつであり、最近は男性だけではなく女性、そして喫煙する年齢も低年齢化してきているなどの傾向が見られています。

 

そんなタバコは嗜好品として好まれているのですが、その反面として健康被害をもたらすものとして嫌われている一面もあり、吸っている人だけではなく周囲の人たちの健康も脅かすということで、現在では公共の場での喫煙は非常に制限を設けられています。

 

そんなタバコがもたらす健康被害のひとつに血圧があり、喫煙している人は喫煙していない人と比較すると非常に数値が高くなりやすいという傾向があります。非喫煙者よりも高くなるというだけではなく、血圧の正常値を逸脱してしまうというケースも少なくなく、それによって注意勧告を受けるという人も少なくないようです。

 

何故高いとだめなのかというところに関しては、これを正常値に維持しておくことによって血管への負荷やダメージを与えにくくなっており、逆に正常値を逸脱してしまっている場合は心臓や血管にかなりの負担やダメージをかけているということになります。そのため脳や心臓関連の疾患にかかりやすくなってしまったり、ほかの病気の温床となってしまうケースがあるのです。

 

では何故、タバコを吸うと血圧が上がりやすいのかという疑問が出てくると思われますが、これは煙に含まれているニコチンや一酸化炭素が大きな要因となっています。

 

ニコチンは副腎を刺激することで血圧を上げるホルモンが分泌されるだけでなく、交感神経も興奮させるという仕組みとなっており、一酸化炭素に至っては血液中の酸素不足を引き起こし、血管や心臓に負担をかける原因となります。このふたつの要素を同時に取り込むことによって心臓や血管には大きな負荷やダメージが与えられてしまうため、結果として血圧を上げてしまうということになるのです。

 

このようなことからタバコは嗜好品として販売されているものの制限を掛けられてしまうという結果に至っており、現在でもその制限はどんどん幅を広げています。そのため医療機関でも禁煙外来などできる限りたばこから離れられるような援助を行っていますし、薬を利用することによって少しずつではありますが禁煙することが可能です。

 

また、電子たばこのように禁煙のための支援グッズなども気軽に購入することができるようになっているため、健康診断などで引っかかった場合は真剣に検討することをオススメします。