ご飯を最後に食べる理由とは

ご飯を最後に食べる理由

糖質 ご飯や麺類を最後に食べる理由があります。

 

 

糖質を最後にすると血糖値の上昇が抑えられます、

 

食べすぎを防ぐ効果があります。

 

ご飯などの主食には糖質は多く含まれています。

 

血糖値を上げてその処理のためにインスリンが分泌されます。

 

 

インスリン分泌が多い状態が続くと

 

高血圧、脂質異常が起こります。

 

空腹時に糖質を食べると

 

血糖値が上昇し

 

インスリンがたくさん分泌されるのです。

 

ご飯を最後に食べることで

 

腸で糖質の吸収がゆっくりになります。

 

結果として血糖値の上昇が抑えられます、

 

高血圧と脂質異常症の予防になるということです、

 

 

順番として、野菜やたんぱく質のおかずがおなかにはいっているので、満腹中枢が刺激されて、食べすぎを防げるということです。