【高血圧・脳卒中】温泉を楽しむための泉質の特徴とカラダへの効果

【高血圧・脳卒中】温泉を楽しむための泉質の特徴とカラダへの効果

 

皆さんの中には、高血圧や脳卒中などの生活習慣病の心配がある人や、すでになっている人も多いのではないでしょうか。少しでも改善したいが、食事制限やきつい運動はしたくないと思っている人もいるでしょう。今回はそんな人たちのために、温泉を楽しみながらその泉質と体への効果について考えていきたいと思います。

 

まず温泉の効果について考えましょう。温泉は、熱によって全身の筋肉を緩め、血管を広げるために血流が良くなり血圧を下げる効果があると言われています。適温は、37度から40度程度の少し温めが良いでしょう。

 

温度が高いと、逆効果になる可能性があるからです。気をつけなければいけないのは、入浴前と入浴中、入浴後の寒暖差です。寒いところで脱衣を行い、急激に温かい温泉に入る、そしてまた上がると寒いといったように、体に感じる温度の差があればある程、血圧が上がりやすいと言われています。脱衣所は、暖かくしてあると良いでしょう。

 

 

さて、次に泉質について考えてみましょう。高血圧・脳卒中に効果のある泉質とはなんでしょうか。たとえば、二酸化炭素泉と呼ばれる炭酸ガスを多く含む温泉は、浸かると体に気泡がつきます。炭酸ガスは、皮膚から吸収されて血管を拡張してくれます。

 

それによって、血液の循環を良くします。硫酸塩泉はマグネシウムやカルシウム、ナトリウムなどを多く含む温泉で、「脳卒中の湯」「傷の湯」とも呼ばれています。カルシウムには、鎮静効果があり、高血圧症や脳卒中に効果があると言われています。

 

放射能泉では、放射能という怖い名前ではありますが、温泉に含まれるラジウムやラドンは無害であり、とても吸収が良いため温泉の効果もより大きいと言えます。こちらも高血圧症に効果があります。

 

無色透明で薬効は高いですが、湯あたりしやすいので注意しながら入浴しましょう。放射能泉は、空気に触れたり時間がたつと効能成分が失われるので、温泉が湧き出すような形で注水されている温泉はより効果が高いと言えるでしょう。

 

塩化物泉は、日本で一番多い泉質です。これは、舐めると塩っ辛いのが特徴です。皮膚に塩分が付くと汗の蒸発を防ぎ保温効果が良く、湯冷めしにくいと言えます。血液の循環を促進して、殺菌効果もあり、痛みを和らげる鎮静効果もあると言われています。

 

このように温泉は、一つひとつに色々な泉質がありそれぞれが高血圧や脳卒中に効果があると言えます。あきらめる必要はありません。楽しく温泉に入りながら、病気を防ぎ健康になりましょう。

 

 

糖尿病治験モニター募集

 


糖尿病治験モニター募集の口コミと評判

 

生活習慣病の健康診断を実施中。定期的に病院での診断が受けられる『治験モニター』の募集になります。

 

コスメ、サプリ、お薬のモニター募集最大手クリニカルトライアルからご案内です。

 

・糖尿病治験モニターは登録率、参加率が非常に高いです。

 

・男性応募者が多いのが特徴です!登録者の男女比率は6:4となります。

 

実施場所は、東京(23区・都下)、神奈川、埼玉、千葉、大阪、広島、福岡の指定医療機関となります。

 

事前健康診断・定期健康診断をうけて糖尿病モニターの仕事を応募してみてくださいね。

 

協力費(負担軽減費は、試験タイプによって異なりますので、詳しくは下記リンクから株式会社クリニカル・トライアルに無料登録してモニター試験を選んでくださいね。