水素水と健康!水素水で高血圧が改善する

水素水と健康!水素水で高血圧が改善する

 

水素水とは水に水素が溶け込んでいるもので、飲んでみても「ただの水?」と思ってしまうほど変わったところがありません。それがなぜ高血圧の改善に効果が期待できるのでしょうか。

 

人間の身体は心臓がポンプの役割をして全身に酸素や栄養分を運んだり、老廃物を受け取る役割がある血液を送り出しています。この時に血液は血管を通って行くのですが、心臓から押し出された血液が血管にあたる圧力のことを血圧と言います。この血圧が高い状態のことを高血圧と言い、血管や心臓に大きな負担がかかっている状態なのです。

 

その原因はストレスや食生活など多岐にわたっていますが、血管がしなやかさを失ってしまったり細くなってしまうことで血管を流れることが出来る血液の量が減ってしまうため、血管に大きな負担がかかってしまいます。血管に負担がかかるということは、血圧が上がるということでもあります。血管がしなやかさを失ったり細くなる原因を作るのは血液中の悪玉コレステロールやストレスによる活性酸素です。血液中の悪玉コレステロールが増加すると、血管の内側に溜まってしまい血管の中を流れることが出来る血液の量が減ってしまいます。また、そのまま放置しておくと動脈硬化が起こったり、何らかの拍子で血管の内側に溜まったコレステロールの塊が剥がれ血栓となり、心臓の血管に詰まって心筋梗塞や脳の血管を詰まらせて脳梗塞などを引き起こして命に関わることもあります。

 

血管を細くしてしまう原因であるコレステロールや活性酸素の除去を行うことが出来るのが、水素水に含まれている水素なのです。水素は分子が小さいため、他の食べ物やサプリから摂取した抗酸化物質よりも効率よく体内に吸収され、抗酸化作用を発揮します。そのため血管を錆びさせてしまう活性酸素を取り除いたり、悪玉コレステロールの増加を防ぐことで血液をサラサラにして血流を良くして血圧を下げる効果が期待されています。

 

水素水のメリットは、副作用がほとんどないことです。水素水に含まれている水素は体内で最終的に水となり、汗や尿として体外に排出されます。そのため、身体への悪影響がほとんどありません。ほとんどというのは、一度にたくさん摂取しすぎることにより、水分の取りすぎで下痢や腹痛を引き起こしてしまう人が居るためです。副作用もなく安全なものですが、継続することが必要となります。コーヒーやジュースの代わりに水素水を飲むようにするなど、工夫して摂取するようにしましょう。

 

 

比較.comの口コミと評判

 

スクール・講座一括資料請求が比較.COMであれば可能です。

 

豊富な情報の中から貴方にマッチしたものお選びください。

 

もちろん、資料請求のご利用は無料です。