なぜ野菜を先に食べるのか

なぜ野菜を先に食べるのか

野菜の食物繊維が糖質の吸収を遅くするということです。

 

野菜には食物繊維がたくさん含まれていますが

 

腸内で糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。

 

血糖値を上げにくくする働きがあり、

 

血圧もしっかり抑えてくれます、

 

 

食物繊維は、余分なコレステロールの排泄を促すので、

 

生活習慣病の予防にもつながるということです。

 

もしご飯、たんぱく質などのおかずを先に食べると、

 

 

糖質と脂質が吸収されやすくなってしまいます。

 

血糖値をあげる原因となってしまうのです。

 

 

野菜を食べると

 

食欲や体重の抑制をつかさどるインクレチンホルモンの分泌が促されるので、過剰に太ることを抑えられるということです。

 

 

野菜に含まれる多くのビタミンやミネラル

 

抗酸化物質は、吸収率が高まるので大変おすすめなのです。